2021新年度体制スタート

【新体制スタート】
浪江町の事務局で1月30日、通常総会・1月例会を開きました。新理事長の蒲生紘司が本年度のスローガン「Toughness!!」を宣言し、新体制が本格始動しました。
今年は東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から10年の節目を迎えます。浪江JC管内の標葉地域(浪江町、双葉町、大熊町、葛尾村)は今なお、大半が原発事故による避難指示が続いています。会員の多くが地域外に避難していますが、古里への思いを胸に団結し、会員拡大を進め、活動を続けてきました。
新型コロナウイルスは、地域の復興にも大きな影響を与えています。しかし、困難な状況下だからこそ、青年リーダーが地域を牽引していかなければなりません。これまでに培ったレジリエンス(再生力)、そして「タフネス」の精神を持ち、今年1年も果敢に挑戦していきます!